Top
不思議だなぁ。
2005年 08月 24日 |
課題の翻訳レポート、第二回ポエニ戦争終結。そしてハンニバルの自決、大スキピオの死。

運命というか縁というか、なんかよくわからない不思議なものってやっぱりあるのかなぁ。
歳が離れた二人の好敵手がこの世を去ったのは同じ紀元前183年。
ハンニバル64歳。
大スキピオ53歳。
大スキピオはたしか病死ですが、ハンニバルは自決、つまり自殺ですので何事もなければ70歳くらいまで生きたのではないだろうか。
ローマの執念恐るべし。

それにしても、第二回ポエニ戦争が終わって訳のスピードが落ちた……。(ヲイ)(がんばれ私!)
それだけポエニ戦争が面白いってことなんですけど、戦争に対して「面白い」と感じるのはちょっと複雑です。
戦争って結局どの時代でも悪にしかなりえない存在だと私は考えています。
が、やっぱり『ガリア戦記』やアクティウム海戦の様子などを読むと、ちょっとどきどきわくわくしている自分がいます。
この感覚も不思議だなー、と歴史をやってると思います。
ただ近代以降の戦争になると、「悲惨」の二文字しか浮かばなくなります。
やっぱり戦争はよくないんだ、と思いつつ今第二回マケドニア戦争の訳をやっております。

戦争がいつか、遠い過去の物語の出来事になる日はくるのでしょうか。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-08-24 16:36 | 歴史的雑感