Top
2011年 05月 08日 |
大学図書館への一括リンクが見当たらなかったのでちょっと纏めてみました。
GW明けから各大学がはじまり、同時にに被災した各大学図書館も開館しています。各大学により復旧状況と運営状況が異なっていますので、各自ご確認の上ご利用ください。
※宮城県内だけです、すみません。
※図書館独自のホームページが見たらなかった大学は掲載しておりません。ここにあるよ~と言った場合はコメント欄でお知らせくださると幸いです。反映いたします。

■宮城県大学図書館リンク集■

学都仙台OPAC
http://www.library.tohoku.ac.jp/multi-opac/

東北大学付属図書館
http://tul.library.tohoku.ac.jp/

宮城教育大学付属図書館
http://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/library/home.html

東北薬科大学図書館
http://www.tohoku-pharm.ac.jp/new/index.cgi?eid=185

東北福祉大学図書館
http://www.tfu.ac.jp/libr/tful.html

東北学院大学図書館
http://www.lib.tohoku-gakuin.ac.jp/

石巻専修大学図書館
http://www.isenshu-u.ac.jp/library/

尚絅学院大学図書館
http://libwww.shokei.ac.jp/

宮城学院女子大学図書館
http://www.mgu.ac.jp/21tosyokan/

仙台白百合女子大学図書館
http://sslibrary.sendai-shirayuri.ac.jp/

東北生活文化大学・短期大学部図書館
http://www.mishima.ac.jp/weblog/library/librarytop/

東北文化学園大学図書館
http://www.tbgu.ac.jp/tosho/

・参考リンク・
学都仙台コンソーシアム
http://www.gakuto-sendai.jp/


■公立図書館については宮城県図書館がまとめています■
宮城県図書館
http://www.library.pref.miyagi.jp/

県内の図書館の状況
http://www.library.pref.miyagi.jp/20110311_jishin_miyagi.html
[PR]

# by 7thdragon-sister | 2011-05-08 17:05 | 日々雑感
2011年 05月 04日 |
地震の影響で田植えが遅れてしまったので、栃木に行ってきました。
G.W.に家族で遠出とか四半世紀(四半世紀……)生きてて初です。
栃木には親戚がいるのですが、北部の古い町では瓦が落ちたり塀が崩れたりしていました。
しかし農家の大叔父に言わせると「それより風評被害だな~」ということ。
安全の基準をクリアしないものは市場に出回りませんので、正しい情報を手に入れて賢明な判断をしていただければ本当に幸いです。

栃木の親戚にはとても心配をかけました。
「仙台の地理がわからないから、何度も電話したんだよ。繋がるまで時間かかったなー」
と言われました。大叔父や曽祖母宅もそれぞれ大変だったんですが、本当にありがたいです。


で。

トリックアート美術館と初めての日光東照宮に行ってきました(`・ω・´)

ずーっとトリックアートと鳴き竜が見たかったんです。
ミケランジェロ館ではやっぱり専攻と被る所があるせいか「むむ、本物とはちょっと違うゾ」とか思ってしまいましたが、いやいや天井画の再現はもはやなんつーか執念だなぁと。建てた方はルネッサンス系が好きな方だったんでしょうか。

あと東照宮では、ローマ史専攻のクセで
「でかい建物=石づくり」
という意識が根底にあるもんで
「木。木製?! ああそうだここは日本だ。……木なんだよなぁ」
としみじみ思ってしまいました。
東照宮はゆっくり見たかったんですが、人多すぎてもはや流れ作業に乗る品物の気持ちでしたw

ただ鳴き竜はスゲーと思いました。
昔の人のアソビゴコロなのかなぁ。
きになるなあ。

東照宮の帰り、駐車場のおじさんに
「宮城から来たんですか? 大丈夫でした?」
と聞かれました。
全国の人に心配されてるなぁ、ありがたいなぁと思いました。

華厳滝と中禅寺湖も見てきましたけど、ききしに勝るいろは坂の混雑っぷりで車に乗ってるだけなのに疲れました……。
あと野生の日本猿がほんとに居て吃驚した。
[PR]

# by 7thdragon-sister | 2011-05-04 23:47 | 日々雑感
2011年 04月 09日 |
震災から約1ヶ月。
その間に思ったことを書いてみます。

歴史学を学ぶ立場として、「記録」というものの重要さを日々考えています。
また「ものを書く者」として、「書く」という行為の意味を考えています。
その二つの視点から、「東日本大震災におけるちっぽけな被災者がひと月の間に考えた事」として私の考えたことを以下にまとめます。
拙いですが、お時間のある方は参考などにご覧いただければ幸いです。
また、地震のショックやストレスがある方などには、フラッシュバックの危険もありますので御覧いただかないことをお勧めいたします。

>>考えたことについて。
[PR]

# by 7thdragon-sister | 2011-04-09 15:53 | 日々雑感
2011年 04月 06日 |
たくさんのご支援、本当にありがとうございます。
管理人周辺の状況は回復してきております。

今回は管理人が賛同・あるいは共感したサイト等へのリンクをはらせていただきます。
支援金や署名を募っているサイトもありますので、「リンク先を読んで」ご賛同いただけた場合、ご協力をお願いいたします。

■動物関連
「Natural Dog Style」 http://www.n-d-s.tv/index.html
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』 http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
環境省宛で目標は一万人。締切は4月30日。署名は郵送で当日消印有効で受付。
動物アレルギーもちの方、新生児などにも配慮された内容です。

■歴史関連
歴史資料ネットワーク http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~macchan/
および そのブログ
全国規模の団体です。
今回の災害における資料(史料)および遺跡、博物館・美術館・図書館などの状況がわかるリンク、写真や物の応急処置、復元方法をまとめたページへのリンクをまとめたポータルページが公開されています。こちらから
支援金募集についてはこちら

NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク http://www.miyagi-shiryounet.org/00/front.htm
こちらでも資料・写真の応急処置方法の紹介、レスキュー・カンパのお願いがされています。こちらから。

新潟歴史資料救済ネットワーク http://hysed.human.niigata-u.ac.jp/rescue/
上記サイトでも歴史資料保全のお願い、歴史資料救済活動支援募金のお願いがなされています。


一日一日、一時間一時間、復興や復旧が進んでいます。そのたびに必要とされる物・事が刻一刻と変わっていっています。沿岸部・内陸部・市街地・山間部でも状況が全く異なり、必要とされているものもまた異なります。
これからは一点集中でなく、分散した支援と活動が必要になってくる時期になると思います。
ボランティアに来ていただける方などは
「何日間」「どこで」「何をするのか」
を明確にしてから来ていただけると、とても助かります。
たとえば
「二週間」「沿岸部で」「住めるお家のお掃除の手伝い、がれきの撤去、家財・思い出の品の捜索をしたい」
「一週間」「避難所で」「マッサージ師なので避難者の方にマッサージをしたい」
などです。


皆さまの真心、本当に伝わってきております。
市街地は会社や商店などが営業を始めていますが、ガスが戻らず営業できないところもあります。
常連にさせていただいているベーグル屋さんのお姉さんが
「ガスがもどったらベーグルやりますから! あ、でも普通のランチもやってるので、来てください!」
と言っていました。ほっとしました。
どうぞ無事な方は、人生を大切になさってください。
お花見自粛、という動きもあるようですが、私は東北のお酒を飲んでいただけたら嬉しいと思っています。未成年の方は青森のリンゴジュースや福島の桃のジュースなどお勧めです。
「乾杯、なんてとても言えない」という方は、海の方向にどうぞ杯を掲げてあげてください。献杯、とは言いづらいとは思いますが、気持ちはきっと届きます。その気持ちを抱いてくださっているのであれば、不謹慎なんかでは絶対にありません。
祈りというのは、自己満足では決してありません。願いというのは力になります。
どうぞ、皆さまの気持ちと人生を大切になさってください。

東北は元気になります。
その時にはどうぞ、美味しいものを食べに来たり、史跡や名所などを見に来てください。
松島の瑞巌寺は無事です。青葉城址の政宗公の騎馬像も無事です。
サン・ファン・バウティスタ号は入江の見学施設は壊滅してしまいましたが、流されもせず大きな損傷もなく無事だそうです。
復興には時間がかかります。
いま、なにもできない、と悔しい思いをされている方、どうぞいつか東北に来てください。その時、自衛隊や各国の皆さんがお帰りになり、ボランティアの方々がいつもの生活に戻った時、あなたの笑顔が「被災地だった」場所には必要です。よろしくお願いいたします。


昴秀竜
[PR]

# by 7thdragon-sister | 2011-04-06 16:02 | 日々雑感
2011年 03月 31日 |
懸案だった水道が復旧いたしましたので、新年度が明るいものとなるよう、個人的な被災な記録は本年度のうちに済ませてしまいたいと思います。

以下、当時のショックなどが戻るといけませんので、未だストレスの高い方は閲覧をご遠慮ください。

被災地:仙台市中心部。

More
[PR]

# by 7thdragon-sister | 2011-03-31 17:24 | 日々雑感