Top
<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|

2008年 03月 31日 |
こんばんは、管理人の昴です。
突然ですが本日で年度も終わるというわけで、4月以降のサイトとブログの方向性をちょっと書いておこうかな、と思いまして。(明日だとエイプリルフールになってしまうので^^;)

……ええと、さらに突然ですが、実は私昨年の3月ごろから体調がおかしくなってまして、
とりあえず1年様子を見てみましたが「(悪い意味で)現状維持」というのから一歩進んで二歩下がるを繰り返しておりました。
現在もその状態が変わらず、さらに4月からは今までお気楽学生だったのがちょっと責任も背負うことになりまして(いえ、先生のアシスタントして後輩の面倒見るだけなのですが)。
今以上にサイト&小説書きに時間を割くことが難しくなりそうなのです。

なので、4月以降は今よりもさらに更新頻度が落ちることになります。
正直「休止(=更新停止)」というのも考えたのですが、突発的に更新したくなったり話が出来上がったりしてしまうため(それもどうか)、あくまで「開店休業(=更新するかもしれない)」という感じにしたいと思っております。
いやどこが違うんだ、と言われれば私の心構え、としか言えないのですが……。

……という感じで、4月以降は「開店休業」ということにさせていただきたいと思います。
よろしくおねがいします。
現在ちょっとサイトいじる気力ないので、BBSとかそのままですが、突然リンク消えても驚かないでください~。連絡手段は一つは残しておく予定です。
激しくグタグダしくてすいません。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2008-03-31 01:03 | 日々雑感
2008年 03月 27日 |
風邪じゃありませんので大丈夫です!
大好きなゲーム音楽作曲家、下村陽子さんのベストアルバムが発売されたのです!

drammatica-The Very Best of Yoko Shimomuradrammatica-The Very Best of Yoko Shimomura-
ゲーム・ミュージック / 下村陽子 / スクウェア・エニックス




なんと、ベストであるだけでなく、ドイツでのフルオーケストラ録音!!!!
これがすごい!全身総毛立ちですよ!ぞわぞわ!!
もう『聖剣伝説LoM』のタイトル・テーマとか『キングダムハーツ』の「Destati」とかぞわぞわしまくりですよ!
一曲目が『聖剣伝説LoM』のタイトル・テーマなんですが、これがオーケストラとすごく合ってる上に、

美 し い !

おおお~あの世界が蘇る~~~!! なんか涙も出てきた……。
ブックレットのはじめに、下村さんが「ライナーノーツはまず読まずに、さらっと一回聞いてみてください」とあったのですが、曲順も知らないままに聞いて、ほんと感動です。
「Destati」のコーラスとオーケストラのマッチもすごい、すごい。(ああ、しかし同時に自分の操作したヘタレなソラが思い出されてorz)一度途中で入る「カンッ」というのがすごく利いてる。
管楽器がカッコいい……。
さすがドイツ、ドイツありがとう!! という感じです。
知らない曲もあったりなんかするんですが、そんなの関係ないのです。素晴らしい素晴らしい(泣)。
「ホームタウン ドミナ」とかあああもうすごくいいです。
『聖剣伝説LoM』好きには選曲が神すぎます。
「彩りの大地」はかっこよく、「滅びし煌きの都市」美しくどこか切なげに。
みんな鳥肌たてた後に泣くといいと思うよ……。

興奮気味にお伝えしました生存報告でした(生存報告なのこれ?!)

※あと23日の記事ですが、英語のヒアリング間違ってた(!)ことに気づいたので、非公開にしました。恥ずかしくてorz
[PR]

2008年 03月 19日 |
「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去(ヤフーニュース)

三大SF作家最後の一人、アーサー・C・クラーク氏がついに旅立たれてしまった。
スリランカを襲ったスマトラ島沖地震の津波も乗り越え、それを心配したファンに向けて
「私は元気です。(中略) ところで私は三年ほど前、津波に関する本を書きました」
と、宣伝混じりに無事を報告されたときはぶっとびました。

だからなのか、クラークのおじーちゃんは、ずっとずっと生きて(もちろん2010年を超えて)、きっと初めて異星人と会話をする人になるんだろうなーと、心のどこかで思ってました。
御大、人類はまだイルカとさえ話ができないよ……。

引用をひとつ。

熱っぽくしゃべっていた教授が、ふいに言葉を切った。「そうだ、いま思いついたんだが、コミュニケーターにいれなければならん単語がふたつある。すぐにいれておかねば」
「なんです?」キース博士がたずねた。
「“どうぞ”と“ありがとう”だ」

(アーサー・C・クラーク著、小野田和子訳『イルカの島』より。
実験に協力してくれたイルカたちを見てカザン教授が言った言葉)


月並みなことばですが、ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2008-03-19 14:52 | 日々雑感
2008年 03月 16日 |
いつからはじめたのかすっかり忘れてしまいましたが、
「魔法使いと記憶のない騎士」投票所
を「2008年3月22日」の「00:00:00」でいったん締め切りとさせていただきます。

……っと、調べてみたら2005年の8月24日から投票やってたんですね~。20話代後半から、長いことお付き合いいただきありがとうございました。
お話の連載終了後にまたやろうかなと思ってます(いつになるんだ)。
新章では10人近く(?!)キャラクターが増えるかもしれませんが、お付き合いいただけると嬉しいです。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2008-03-16 16:04 | 更新+雑感
2008年 03月 14日 |
こんにちは、管理人と思われる人です。

実は12月にベッドから降りるのに失敗して、全体重が右足首にかかってエライ痛い思いをしたんですが、翌日何でもなかったんでほっといたんですよ。そしたらこのごろ右膝が異様に疲れやすいのです。
……骨ずれた?軟骨けずれた?筋延びた?足首無意識にかばってる……?ど、どれでしょう……(汗)。
こ、怖いので来週の頭病院行ってきます!(三か月経ってるけど大丈夫か。)

さて。

4月から再びドイツ語をやらなければいけないので2年ぶりくらいに辞書と教科書を出してきたのです。
が。

c0020526_15444855.jpg

これでもかというばかりに書き込み済みの教科書。


しかも字が汚い。
これでは練習問題ができんですよ。回答編もないので書き込みもおいそれと消せんです(ノートは?!)(行方不明です)
ううむ。どうしたものか。モムゼンへの道は遠いなぁ(※)。

……。
そういや、なんか最近訳されてないドイツ語を見たような。
んー……。

あっ。

From Broadway to HollywoodFrom Broadway to Hollywood
Uwe Kroger / / RCA Victor Europe




これだー(*´∀`)
UweさんのCDのブックレットに、ライナーノーツ(セルフかな?)があったんだった。
これ訳してみようっと。

……正しい訳を誰に聞けばいいのかわからんのが難点だけども。

※モムゼン…ドイツの歴史家。ローマ史研究に大きな足跡を残す。
ちなみに昴サンは担当のH教授に「モムゼンを原文で読む?ははは、無理だよ」と言われた過去があるorz(天然怖いよ天然)
[PR]

by 7thdragon-sister | 2008-03-14 15:52 | 日々雑感
2008年 03月 07日 |
地味~に執筆中でございます。
「まほきし」がうまくいかないもんで、「伯爵~」を三話くらい行きつ戻りつ書いているのですが、問題が発生しました。ここにきて。

「伯爵と平凡な娘」の舞台である街は、もちろん架空の街なわけなんですが、
「イギリスの向かい、ドイツとフランスの境あたり」
としか決めてなかったんですよね。
で、第二話(「ハロウィン」の続きの話)で、ゲストキャラクターが出てくるんですが、この人「ウィーンへ進学した」ということになっとるのです。
……ここで問題になったのが「言葉」。いや所詮全部日本語だから気にせんでもいい気がするのですが、もう一人のゲストキャラクター(連れ)が「東洋人」なので、「こちらの言葉を流ちょうに話した」と自然に出てきたんですが……この人、「こちら」ってどちらの言葉を話してるんでしょう……(^^;

いやね、全部「こちら」とか「西洋(ヨーロッパ)」で流してしまえばいいんでしょうけど(説得力はなくなりますが)、このほかにもフランス系の吸血鬼とか出番が控えてるもんで(予定は未定ですが)、そこら辺はっきりしとかないとまずいなーと思い始めてます。
ここまで国を決めてなかったのには伯爵があくまで「自分は旧ローマ帝国人」という意識を持ってるからと(彼に「現ヨーロッパ諸国のどこに属する人」、という意識は限りなく薄いです)、「あくまでも現代ファンタジーなのではっきり決定しない方がファンタジーっぽいような」という私の意識からなんですが。
ここにきて落とし穴、という感じです。自業自得ですが。


……と、言ってもワタシ、ドイツ語を履修していた関係でたぶんドイツになりそうなんですが。
(するとオーストリアに行った彼は「なんか訛ってるぞ」と言われるわけですね・笑)
[PR]

2008年 03月 01日 |
お、お久しぶりです(またか)
愛助ですが暴れまわるぐらい元気です。

今日はちょっと担当教授の講演会があったので、行ってきました。
エトルリアにも主神のほかに「同意する神」という12柱の神がいたらしいことを学びました。
そこで先生に興奮気味に
「こ、これはやはりギリシア12神の影響ですか?!」
と尋ねたところ、
「いや、12っていうのは60進法から来てて、使いやすい数字だからどこにでもあるよ」
と答えられ、どうもリアルに

( ゚д゚)

という顔をしていたらしく、

数学の基礎からやりなおさせられるところでした。

あの……コンピュータ科学の
「2進法で"15"を書き表せ」とかテストに出てリアルに泣きそうだった私には60進法とか未知の世界。
バビロニアで成りあがれって言われたら一生無理だと思う。(リアルに60進法使ってた社会怖い)

16進法のカラーチャート?そんなの0~9の数字とA~Fのアルファベットで成り立っていると分かればそれでいいんだよ!(答え:世の中は便利になったのでカラーチャート表を紹介したwebサイトがある)(ありがたや)

気分は

♪どうして~宇宙は~時間も~星も~
 月もすべて 12で ~まわり~つづける~?♪
(DEEN『TWELVE』)

でした。リアルに。

ちなみに最後のゼミでは

「ピタゴラスの定理の公式ってなんだっけ?」

と振られました。

アレ、私の専攻ってなんだっけかな……。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2008-03-01 21:41 | 日々雑感