Top
<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
|

2005年 05月 30日 |
本館サイト『七人姉妹と竜の部屋』

最近、お借りしているスペースのサーバーが不調のようで503エラーや画像の表示が上手くいかないなどの障害が発生しているようです。
6月にサーバーの高機能化が行われるようです。

それまで不調なこともあるでしょうが、ご辛抱いただけると幸いです。

それと、拍手とメッセージを下さった方ありがとうございました。
がんばります。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-30 20:40 | 通信欄
2005年 05月 29日 |
『猫の地球儀 焔の章』
『猫の地球儀 幽の章』
著者:秋山瑞人 イラスト:椎名優
電撃文庫より刊行

SFです。
某友人に薦められ、ずいぶん前に読み終わったもの。最近パラパラと読み返していました。
電撃文庫といえばライトノベルです。
てなわけで、表紙にはとても可愛らしい絵が描いてあります。
ライトノベルでそんな外見ですから、ハヤカワとか創元を普段読んでいるSF好きには縁がない本かもしれません。
ですが、そんな人にも読んで欲しいなと思いました。

地球のはるか上空。
“天使”が作った人工の島『トルク』で生きる猫たちとロボットとネズミとゴキブリ。

猫だって一生懸命生きている。

とりあえず、心惹かれたら是非手にとってみてください。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-29 23:53 | 読書関連
2005年 05月 28日 |
『踊る』シリーズ大好きな昴ですどうも。

そんなわけでもちろん見てきました、『交渉人 真下正義』。

さて次は『炎のメモリアル』を見てこねば。むむむ。

『交渉人 真下正義』
監督:本広克行
キャスト:ユースケ・サンタマリア(真下正義)、水野美紀(柏木雪乃)、柳葉敏朗(室井真次)、寺島進(木島丈一郎)、小泉孝太郎(小池茂)、石井正則(矢野君一)、國村隼(片岡文彦)他

冒頭あらすじ:
『台場連続殺人事件』から一年後のクリスマス。
日本初の交渉人(ネゴシエーター)となった真下の元に、外部から入れない警視庁ネットワークを通じて挑戦状が届く。
同じとき、東京の地下鉄ではまだ試作段階の実験車両が勝手に走り出すという妙な出来事が起こっていた……。

昴的星:★★★★ 「ファンに嬉しい外伝だぞー」

ネタバレにつづく。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-28 16:31 | 映画
2005年 05月 26日 |
Which が 憎 い。

そんな文献購読の前夜。

関係代名詞なんてきらいだー。

つーかStarrさん文章に癖ありすぎorz
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-26 22:01 | 日々雑感
2005年 05月 25日 |
えー…
「魔法使いと記憶のない騎士」
第二十二話「プフェーアト・シュタート―馬と暮らす街―」をアップしました。

……実は、ちょっと推敲が足りないです。
ページに編集してから見直そうと思い、ビルダでチェックしてたら、そのうっかりと『転送開始』してしまいましてorz

なので誤字とか発見したら報告していただけると嬉しいです。とほほ。 
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-25 20:27 | 更新+雑感
2005年 05月 24日 |
今日は、駐車場を譲られたり、契約している駐車場が六月一杯で終わりだとか、発売してない本が届いたと連絡されて「?」と思ったら似たタイトルの別な本だったりとかorzな一日でしたが、

もう平気。

うふふのふー。

皆の者、心して聞け。

七月下旬

発売予定

『竜とイルカたち』

パーンの竜騎士9!

アン・マキャフリイ著!! 小尾芙佐訳!!


やっとでたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


私は早川書房のHPを見てガッツポーズしましたことよ!まじで!

ホントは去年発売だったんだよね予定では。小尾さん忙しかったんだろうなー。

つーか、もうこの巻では、主役は竜騎士ではないのですな。
主役は平民の男の子のようです。
統領と洞母さまははたしてどのくらい出てくるのでしょうか。
でも楽しみ楽しみ。

それにしても『竜 と イルカたち』
タイトルは相変わらず竜縛りですな。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-24 22:17 | 日々雑感
2005年 05月 23日 |
いや、前々からちらりほらりと噂を聞いてはいたのですが。

今日、友人に見せてもらったジャンプでついに確認いたしました。

キングダム・ハーツ2に

パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン

参戦。



まぢだよ奥さん!!(誰)

そう、あのPotCだよ!!
ジョニデ@ジャック船長とキーラさん@エリザベスが

ソラと共に戦うよ?!

いやそれはいいんだけどさ。

ジャックもエリザベスもそっくりだし、さすがスクウェア(・エニックス)!って感じだけどさ。

オーリ@ウィルは……?

紹介文からするとジェフリー・ラッシュ@バルボッサまで出てくるくさいのに

ウィルのウの字も感じられないんですけれど……。

……ウィルの役割はソラに盗られたのかなぁ。悲しいなぁ。頑張れ鍛冶屋……。

(つーか一ステージだけ浮いてない?)(実写だし)

それにしても今回のインターナショナル版は本物の俳優さんを使っているのでせうか?!
もしそうだったら……このゲームの予算って一体……(滝汗)
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-23 21:32 | 日々雑感
2005年 05月 20日 |
「魔法使いと記憶のない騎士」、先日第二十二話話が書きあがり次は新章ということになりました。

が、そこで気が抜けてしまったのかなかなか進みませぬ。
とりあえず第二十二話は書き終わったのですが……うーん終わり方が気に食わない。つーかこれ私の文章だろうかという文になってしまったー。

「宝妖の森編」は真面目ですが、新しいお話は肩の力を抜いて読めるような話にしたいと思っているのです。
しかし「宝妖の森編」で肩に力入れすぎてしまったようで力の抜きどころがイマイチワカラナイ(X_X)

うーん。

しばらく悩んでみます(^^;)

(たぶん錬金術師が出てくればスピードあがるんでしょうが)(←ボソ)

それともう1つ。

ダウンロード版のことなのですが。
とりあえず当初の計画では、キリが良くなったらダウンロード版を更新しようと思っていたのです。
で、キリのよいところまで来たのですが。
今まで配布していたのは、十話までの「出逢い編」(と私はよんでいた)なのですが、その続きをアップする場合。
1.第一話から第二十一話までの一括版を用意する。
2.誤字を直した分割版十話までもアップする。
3.分割版として第十一話から第二十一話版もアップする。
の三種類が考えられまして。

1はともかく2は誤字のままじゃ恥ずかしいし、3は前半だぶってしまうのが嫌な方もいるでしょうからそのためにやろうとおもいまして。
やろうとおもいまして。


疲れました(爆)。

つかですね、一括のやつを作ってみたらですね、200KB越えましてね……orz
どうしようかと。ど う し よ う か と 。

そんなわけでダウンロード版はもうしばらくお待ちください(^^;。
それとHTML版のダウンロードはやめようかと。ええと、何故かと言うと、素材が使えないため(再配布に当たるため)、私のセンスのなさが丸見えなのですな。
ええ、恥ずかしくなったんです(凹)。
HTML版はしばらく改良に専念させてください(^^;)

そんな愚痴でした(笑)
[PR]

2005年 05月 19日 |
三日ほど前から薬の副作用で人体の不思議を体感中です。
いや、髪が抜けるとかそういうんじゃなくて、ともかく人体の不思議なのです。
危険性は一切ない副作用、人体の不思議なのです。
薬に詳しい人にわかるように薬の名前だけ言うと、ドグマチールという薬の副作用です。
これ以上は言いません(爽)。

ゼゼン、キブン、サワヤカー、ジャナイケドネ、orz

てなわけで、胃は徐々に治りつつあるようです。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-19 20:01 | 日々雑感
2005年 05月 17日 |
『キングダム・オブ・ヘヴン』を観てきました。
そういえば昨日、偶然この映画のCM見たんですよ。女の人が「オーリィがんばれ!って思ったんです!」ってヤツ。
個人的にそれ、「おいおいおい;」と思ったのですが、映画見て確信しました。
「そんな軽い映画じゃないです、これ。」と。
や、オーリはかっこいいんですけどね。そういうんじゃないんですよ。そんな明るい映画じゃないんですよ。日本の映画宣伝の嫌な一端を見てしまいました、再び(汗)。

それはそれで、映画館行ったら「炎のメモリアル」の立体縦看板がありまして、これは嬉しかったです。ホアキン前面に出てて。


で、本題です。
『キングダム・オブ・ヘヴン』
監督:リドリー・スコット
キャスト:オーランド・ブルーム(バリアン)、エヴァ・グリーン(シビラ)、リーアム・ニーソン(ゴッドフリー・オブ・イベリン)、エドワード・ノートン(ボードワンIV)、ジェレミー・アイアンズ(ティベリウス)、他

冒頭のあらすじ:
フランスのある村の鍛冶屋のバリアンの下に、騎士の一団が訪れる。
その騎士は「自分はお前の父だ」という。赦しを求める父に、バリアンはかたくなだった。
なぜなら彼は妻と生まれたばかりの子どもを失ったばかりだったうえに、父を知らずに育ったからだ…………。


昴的星:★★★☆ 「或る映画人の表現した過去と未来」

ネタバレ感想。(続きを読む)
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-05-17 21:39 | 映画