Top
カテゴリ:自分の小説とか( 44 )
|

2008年 03月 07日 |
地味~に執筆中でございます。
「まほきし」がうまくいかないもんで、「伯爵~」を三話くらい行きつ戻りつ書いているのですが、問題が発生しました。ここにきて。

「伯爵と平凡な娘」の舞台である街は、もちろん架空の街なわけなんですが、
「イギリスの向かい、ドイツとフランスの境あたり」
としか決めてなかったんですよね。
で、第二話(「ハロウィン」の続きの話)で、ゲストキャラクターが出てくるんですが、この人「ウィーンへ進学した」ということになっとるのです。
……ここで問題になったのが「言葉」。いや所詮全部日本語だから気にせんでもいい気がするのですが、もう一人のゲストキャラクター(連れ)が「東洋人」なので、「こちらの言葉を流ちょうに話した」と自然に出てきたんですが……この人、「こちら」ってどちらの言葉を話してるんでしょう……(^^;

いやね、全部「こちら」とか「西洋(ヨーロッパ)」で流してしまえばいいんでしょうけど(説得力はなくなりますが)、このほかにもフランス系の吸血鬼とか出番が控えてるもんで(予定は未定ですが)、そこら辺はっきりしとかないとまずいなーと思い始めてます。
ここまで国を決めてなかったのには伯爵があくまで「自分は旧ローマ帝国人」という意識を持ってるからと(彼に「現ヨーロッパ諸国のどこに属する人」、という意識は限りなく薄いです)、「あくまでも現代ファンタジーなのではっきり決定しない方がファンタジーっぽいような」という私の意識からなんですが。
ここにきて落とし穴、という感じです。自業自得ですが。


……と、言ってもワタシ、ドイツ語を履修していた関係でたぶんドイツになりそうなんですが。
(するとオーストリアに行った彼は「なんか訛ってるぞ」と言われるわけですね・笑)
[PR]

2008年 02月 01日 |
2008年1月10日から30日まで行いました、「次に読みたいお話」のアンケートを発表いたします!
ぱんぱかぱーん。

c0020526_14104891.gif


総投票数72票

第一位 『魔法使いと記憶のない騎士』本編続き 53票
第二位 『伯爵と平凡な娘』短編           13票
第三位 『魔法使いと記憶のない騎士』外伝(クラウディース夫妻若かりし日の話) 4票
第四位 『魔法使いと記憶のない騎士』番外編(ルキウスが主人公?) 2票

という結果になりました!
ぶっちぎりで「本編続き」ですなぁ、やっぱり。
そして予想外だったのは『伯爵と平凡な娘』。まさか二桁いただけるとはおもいませんでした。
いやーびっくり。予想通りだったのはやっぱりルキウス関連ですか(笑)。

これを参考に更新していこうと思います。
ご協力ありがとうございました!

いただいたコメントへの返信はこちら。>>
[PR]

2007年 10月 29日 |
今年はハロウィン何もできなさそうなのでブログのスキンだけでも!

とかいいつつちょっと「伯爵と平凡な娘」の小話を載せてみます。

「伯爵と平凡な娘」小話>>
[PR]

2007年 10月 06日 |
ウチにはいわゆる古典が一通りそろっているのですが(父が「読書する不良」だったのです)(意味不明ですが本人がそのようなことを言っているのでそう命名しておきます)、どーにもこーにも食指が動いたり動かなかったりしておったのです。
そこへ来て光文社古典新訳文庫ですよ。
でもって前から気になっていた『ジェイン・エア』の訳がなんと(アシモフの『われはロボット』、マキャフリィの『パーンの竜騎士』シリーズの)小尾芙佐さんだったのです。
資料ばっかり買ってたら困窮してきていたところへ、「古典だったら買ってもいい」とのありがたい父上様のお言葉により、本日買っていただきました。
新訳がなんでもいいとは思いませんが、やっぱり好きな訳者さんの文体で読めるのはうれしいですよね。
ナボコフの『ロリータ』も気になるのです。本来は汚ギャルなロー……(何)。


閑話休題。

いつだったか友人とメッセで話していて

「マーカス(クラウディース家長男)はエンキより年下」

と言ったところたいへん驚かれました。
本編ではエンキの素性が(まだ)判明してないので明確にはしていないのですが、たしかにマーカスの方が年下です。

エンキ>マーカス>ルキウス=エレオノーラ>>双子

という感じです。
あれでしょうか、ヘタレているからやっぱ下に見えたのでしょうか。
まぁエンキの素性が判明するのはまだ先なのですが……むう、公表しても大丈夫なのかと心配になってきた今日この頃。

年齢といえば、うちのサイトの最長老の“伯爵”。
彼の年表考えてると楽しくて仕方ないです。アレだ、高校の世界史資料集とか捨てない方がいいよ!
ただいかんせんな!中世のことがよくわからん!(好きなのは古代と近代です!)
今日も学校で「魔女と産婆」という興味深い講座があったんだけど諸事情ででなかった……ちょっと残念。友達資料貰ってたら見せてもらおうかな~。
[PR]

2007年 02月 08日 |
バレンタインまでもう少し、ということで。
うちのキャラたちで色々書いてみようかと思ったんですが、気力が上がらないのでここでちょっと妄想の結果を箇条書き的に発表しようかと。

以下キャラ語りなので苦手な方は迂回してくださいませ~。

続きを読む>>
[PR]

2007年 01月 28日 |
「伯爵と平凡な娘」関連の話。

最近こればっかりなので「まほきし」(略した)をご期待の方には申し訳ありません。
ちょっと力入れて書かなければいけないところに差し掛かっているので、もうちょい待って頂けると幸いです。
スのつくあれとは決していいません。だってここは言霊の国っ。

さてここから先はキャラ語りのような。苦手な方はご注意を。

More?>>
[PR]

2006年 11月 30日 |
「ハロウィンと彗星の夜」の後日談を書いてたんですが、なかなか進みません。
いや、あの、例の葡萄酒解禁日に絡むネタだったんですが……まあいいや。(もうだいぶすぎてる)

ついでにレポートが怒涛の十個にまで増えたので、更新速度落ちます。
まじすいません。うけて立つぞこのレポート野郎。
でもたぶんブログには愚痴りに来ると思います……。

たぶん来年になると院試とか卒論とか絡んで今以上にブログばっかり更新しそうですが、愛想尽かさないでくださると嬉しいです。
[PR]

2006年 11月 20日 |
「ハロウィンと彗星の夜」の後日談を思いついたので、ちまちま書いているわけですが、どうも、当初の予定では

         伯爵とアンナマリアのウィンドウショッピング

だったのが

         お小言お祖父ちゃんと他人に説教する祖父を決死の思いで止める孫娘

になってしまいそうです。
約2000歳の差は色々弊害ありすぎです。

あと「魔法使いと記憶のない騎士」ですが、書いては消し~書いては消し~を繰り返しておるのですが、どうも、これはBGMとシーンが合わないためはかどらないようですorz
私、BGM聞きながら書く派なもので……もうレンタルショップか、図書館に行くかorz
こう、なんか重厚なのないか~父のクラシックのコレクションどこ行ったんだか……。

あと、もうひとつ悩んでることがありまして。
ちょっと書くかどうしようか迷ったんですけど……。
ローランド首都編以降、流血描写および残酷描写、暴力描写が増えることになります。
描写を控えたバージョンと、普通のバージョンを用意するか、それともざっくりそういう描写をきってしまうか。
ぶっちゃけてしまうと、女性へのひどいシーンも、どうしても必要になったりとかします。
今まで「ほのぼの」とおっしゃってくれる方が多くいらっしゃったのですが、正直、どうしようか悩みどころです。
[PR]

2006年 11月 07日 |
アリストファネス、『女の平和』じゃなくて『平和』の方借りてきてしまいましたorz
お、同じ翻訳者さんだからてっきり……!
アリスト「パ」ネスで探したからてっきり……!
女の方はアリスト「ファ」ネスでしたか……!
くっ、これが岩波の罠か!(違います)

閑話休題(それはさておき)。

自分の小説で妄想してます(作品にしろよ)。

苦手な方は回避してくださいませ。
(引き続きなので「まほきし」ではありません^^;)

見てやるよ。>>
[PR]

2006年 11月 06日 |
テスト? 今日の夜食ですか?

……八割は埋めたよorz

ところで(逃げた!)先日完結した「ハロウィンと彗星の夜」
関連のお話です。

あ、自キャラ萌えとかダメ!って方は、見ないほうがいいです。

責任もちませんよ?>>
[PR]