Top
嗚呼冬休み。
2007年 12月 13日 |
その実態、名ばかりかな……。絶賛卒論中です。明日学校行ってくるぜー。

そういえばそろそろ『ジェイン・エア』を読み終わりそうです。
読み終わるのがもったいないなぁ、古典といわれても結構相性がいいと読めるんだなぁと思いました。
小尾さんありがとう。というか小尾さんの文体がやっぱり好きだなぁ。
語尾の使い分けとか人称の使い分けとか、小尾さんの影響受けてるなーと自分でも感じます。

いい意味でも悪い意味でも男らしい性格のロチェスター卿が
「~なの?」
とか
「~かな」
とか性格描写と若干ずれているような優しい言葉遣いをするのは、たぶんロチェスター卿からのジェインへの配慮を表す目的もあるんでしょうけど、後に出てきたいい人だけど融通の利かないセント=ジョンとの差別化もあったんだろうなぁ。納得納得。

でもびっくりなのが小尾さん、私のゼミ担当のH先生より年上だったことだ……!
第一線にずっといられるっていいなぁ。
おらもがんばろ。

どうでもいいですが、実は私と『ジェイン・エア』の最初の邂逅は中学時代でした。
なんか面白い本ないーと自称「本を読む不良だった」父に聞くと、どん、と(たしか岩波さんちの)全集版の『ジェーン・エア』『嵐が丘』と、文庫の『風と共に去りぬ』が渡されたのです。
今思うに、あの時読んでもほぼ理解できなかったと思うよ父……。
そういえば同じ時期に同級生から浅田次郎さんの『蒼穹の昴』も貸してもらったっけ(読めなかったけど)。その後、「なんか読む本ないー?」と聞いてきた父にそれを紹介したところ、数ヵ月後には浅田次郎さんの作品全部読破してました。今は『中原の虹』の文庫落ちを待ってるようです。(『憑き神』のDVDを買うかも迷っている模様)
……などと思い出に浸りつつ、次は何読もうかしら。
は、それよりもまず古戸マチコさんの「やおろず」を取りに行かねばっ!
[PR]

by 7thdragon-sister | 2007-12-13 23:59 | 日々雑感