Top
大人の階段のぼった。
2007年 06月 14日 |
お、お久しぶりです。管理人です、昴です。
人生の岐路第三回の第一次戦から第三次戦まで終了しました。
あとは来週末に最終決戦がありますぜーはー(疲)。

それとともに、もうひとつ決戦がありました。
歯医者さんで。
つ、ついに昴さん大人の階段登りましたですよ!(しかもついさっき)
歯を磨いていて、「あ、なんか奥歯黒い」と思ったのが二週間くらい前。知覚過敏っぽい症状も気になったので本日行ってきたですよ。

そこの歯医者さん(結構大きい)はリーズナブルではあるが「若い人(=大学卒業したて)が多くてちょっと信用できないし、若い人は腕がない。安いだけ」という噂もある歯医者さんでございました。
とりあえず検診だけ申し込んで、何か見つかったらちょっと遠いところにある高いけど腕のいい歯医者さん(個人病院)に行けばいいベーと軽い気持ちで行ったんです。

そして出てきた先生は「あらちょっとイケメン(*´∀`)」てな先生でした。

駄菓子菓子。

イケメン=若い→「若い人は腕が良くない」→あれ、これマズイんでね?

という思考回路になる冷静な私。

どんぴしゃりでございました。

サクサクと進む検診。そして……

「痛みとかはないと思うんですが、初期の初期段階の虫歯があるので削ります

「削ります」ってもうそれは決定事項ですか先生。

こ、こっちにも「ココロの準備」ってのがあってね。まして齢21才にして「削る」っていう医療行為初体験のビビリなんですが。
などと突っ込めるワケもなく「15分くらいで終わりますから」とサクサク進められる(受身形)。

治療中は、先生が無言で、看護婦さんが最低限のフォローをしてくれました。
説明もないので、仕方なく一人で
「その機械は何?! 今どんな段階なの?! いま私どんな状態?!」
と、脳内で叫んでおりました。

……インフォームドコンセントって大事ですよ。(結局今自分の口内がどんな状況なのか説明されなかったんすけど)(やっぱ腕のいい先生のとこ帰ろうかな……高いけど)

以下ちょっとだけお返事です。



>6月11日0:06 「緊迫した場面も~」の方
コメントありがとうございます。
今後はちょっと緊迫のほうが増えるかな、と思います。お付き合いいただけると嬉しいです。
ただこの先はちょいと更新遅れがちになりますが、気長に待っていただけると嬉しいです。

その他閲覧してくださってる方、ありがとうございます~。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2007-06-14 18:47 | 日々雑感