Top
やばい。
2007年 01月 04日 |
冬休みのレポートにかまけてたら通常講義のラテン語の宿題忘れてた……。

……早く行ってやろうorz

さて次回更新ですが、もしかしたら『伯爵と平凡な娘』の方を更新するかもです。
こっちは書きながらUPしている『魔法使いと記憶のない騎士』と違って、連作を基本にしたいなーと思っているのでまるっと1エピソード完結してからのUPになります。つってもこのシリーズほとんど行き当たりばったりですけども。

次回は伯爵の過去っぽいものが回想されます。
古代ローマ出すぜ。へへへ(不気味)
そのために、とあるラテン語を調べるために教科書を開いたら、冒頭のような事態とあいなりました。とりあえず問題写したから考えるのは寝て起きてからです。ええ。

で、小アントニアって家族内ではなんて呼ばれてたんでしょうね。
古代ローマの女の人ってアントニウス家の子なら全員「アントニア」、クラウディウス家の子なら「クラウディア」、ユリウス家の子なら「ユリア」、というように個人名のバリエーションが全くないんです。
そのため「最初の」「二番目の」と言うような感じで家の中では呼ばれていたようなのです。
小アントニアは二番目のアントニアってことで“secunda”か、それとも四女だから"quarta"だったのか……。ううむ。ちょっと先生に聞いてこようかな~(勉強すれ)
[PR]

by 7thdragon-sister | 2007-01-04 23:59 | 日々雑感