Top
なんとか完結
2006年 10月 31日 |
「ハロウィンと彗星の夜」なんとか完結です。

どうしても五話に収めたかったので異様にスクロールバーがちっさい五話です。
読みにくかったら二話に分けますのでどうぞ遠慮なくお願いします……orz

ともかく明日はゼミなのでいったん寝ます。ぐー。
帰って来たので、追記してますー。



まず言い訳から。
五話が以上に長いのはですね、本来あそこだけで話を完結させようと思っていたからなのです。
で、ああこりゃあ無理があるなとプロットを組みなおしたのですが、結果として最後だけ長く……。

伯爵は名前は呼ばれていませんが名無しではありません(笑)。
吸血鬼であるアイデンティティを失わせずに、ステレオタイプではない吸血鬼を書こう!と思ったのですが……ちょ、ちょっと厳しかったな(汗)。吸血シーンもないわけで。
単なる萌えの塊のようになった気がします。(爵位萌え)
あと個人的に古典古代期の彫像を登場させたり、ブラム・ストーカーとかホルストとかフルートグラスとか入れられて大満足。久々に好き勝手に書いた気がします(笑)。
あ、しかし入れるところがなかったので省いてしまったのですが、伯爵には
「冥王星が降格されてホルストはどう思っているのやら。案外ほっとしているかもしれんな、言われ続けていたから」
といわせる予定でした。(しかしホルストって惑星惑星言われるの、結構嫌だったみたいなんですよね^^;)

さて、今回の彗星ですが、実は1996年に接近した通称百武彗星(C/1996 B2)をメインモデルにしてみました。当時、日本人の百武さんが発見したということで「天才テレビ君」とかでも取り上げてたんですよ。(私も小学生でした)
その後、ヘール・ボップ彗星が来たり、ちょっともどりますが94年にシューメーカー・レヴィ第9彗星が木星に衝突したりと90年代は彗星の話題をいっぱい耳にした気がします。当時、私もよく庭から星空を見上げていたものですが、近所に大型のシネコンができてしまい、星は地上の明るさに隠されてしまいました。
もう冬の大三角も辛うじて見える程度です。昔の空はもっと綺麗だったよ。

そして、調べていてわかったのですが、百武彗星の発見者百武裕司さんって2002年に亡くなられていたんですね……51歳とのことで、今更ですが、とても残念に思いました。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2006-10-31 01:04 | 更新+雑感