Top
さよならプルートー。
2006年 08月 25日 |
最近パソコン様とのお付き合いの仕方がわかってきたので、修理出さなくてもいいかなと思い始めていたりなんだり。いやいや出した方がいいに越したことはないのだけれども、「金がかかるなぁ」という家族の視線が突き刺さっておるのです。うむ、開けたままでもだめになったら出そうかCD-R様いまだに放浪中だし(違)。

えーと小松左京氏著の「さよならジュピター」も、もちろんアレな映画と名高い「さよならジュピター」も観たことがありません。←SFファンを名乗るなよ(むしろマキャフリィファンですがなにか)。
mixiのほうの日記でもしばらく振り回されていましたが、確定したっぽいのでこちらにも。
冥王星が惑星から小惑星に格下げです。なんか小惑星より一個上(?)の矮惑星というカテゴリが作られてそこに入れられる予定だったみたいですが、却下されたようです哀れ。
夜追記:やっぱり新カテゴリー作られるみたいです。すみません。しかし情報が交錯してます(私の中で)(ヲイ)。

セーラームーンシリーズのファンとしては悲しいですが(笑)、名前の元ネタの神様はあまり気にしなさそうです。

ローマ神話のプルートー。ギリシア神話で言えば冥府を統べる王ハデス。
冥府の王といえばどちらかというと恐ろしいイメージですが、コチラの方はどうしてもイメージが「誠実な閻魔さま(ひらがながポイント)」です。
オリンポスのクロノスの息子三人の中では珍しいことにほとんど浮気をせず(まったくというわけではないところがギリシア神話…^^;)、仕事一筋、むしろ弟二人が嫌った面倒事を引き受けた感じがしないわけでもない苦労性の長男って言う感じですが(いや冥府の割り当てはくじ引きだったんですが)、ファンの間では天然ボケ説も結構ある御仁(※)。
自分の星が惑星じゃなくなったといっても「あ、そう」で終わりそうです。つーか「冥界は地下にあるんだから空に浮いてたらおかしい」とか言い出しそうですこの人。

それにしても一時惑星が12個になるといわれたとき、冥府の川の渡し守カロンさんと共に名前があがったのが「セレス」だったのがなんとも(※2)。神話の時代以来因縁が絶えないお二人でございます。

人間の方としては、教科書書き換えたり展示物書き換えたり置き換えたりしなきゃならないのでてんやわんやですが。

追記で蛇足オススメリンク。
独立行政法人科学技術振興機構製作の「惑星の旅」JSTバーチャル科学館より)
もちろんまだ冥王星は惑星にカウント(笑)。しかし想像力をかきたてるつくりです。(鈴木さんの声がちと怖い気がするが…)(恐怖のアンビリバボーの印象が強すぎ^^;)

※天然ボケ説…ギリシア神話のファンサイトでは結構ボケキャラになっていることが多いような(昴比)。
※2「セレス」…ギリシア神話豊穣の女神デメテルのローマ神話での名前ケレスの英語読み(長い)。娘はペルセポネ。そして婿はハデス。神話自体は長すぎる+パターンがありすぎるので省略するが、結婚する際に色々ありすぎてハデスとデメテルは仲が悪いことが多い。が、これもパターンがあるので色々な説がある。ともかくそんな感じの因縁。蛇足だけど、ローマ初代皇帝アウグストゥスの妻リウィアはケレスに例えられたこともある。(旦那はアレスとかアポロン)(これ以上ふさわしくない例えもあんまりない)。
※補足…ギリシア神話=ローマ神話とは学問的にはいえないことも多い。そもそも元々はローマ神話はれっきとした独立した神話の一ジャンルだった可能性があるが、ローマ人がギリシアを愛しすぎたために元の神話の形態は良くわからなくなっていることが多いらしい。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2006-08-25 12:55 | 日々雑感