Top
全く関係ないけど乗っかってみる。
2006年 06月 12日 |
四年前のW杯はテスト期間中でして、いそいで帰っていそいそとTVをつけた直後に敵にゴールを決められました、ちなみに地元の競技場でした。
それ以来一部から「お前は見るな」と言われていますので風呂を優先しました。うん私が贔屓したり応援したりするチームとか選手って途端に弱くなるんだorz

結果についてはこのブログで触れなくても日本中が持ちきりだと思ったんで極身近で起こった関連ネタ。

それは西洋中世史での出来事でした。

先生 「講義を始める前に、最近のニュースでどうしても気になることがあるのでお知らせしたいと思います」
一同 「?」

先生は黒板に向かいました。十字軍の先生なので中東関係か?と思いましたが、チョークが表したのは、

Kaiserslautern

一同 「……?」(一部「……!」)

先生 「えーココ、今日日本代表が試合するところですが、ど~~~~しても気になるのでお知らせします。現地の日本人レポーターの皆さん、ここの発音を「カイザー/スラウテルン」と発音してるんですが、正しくは「カイザース/ラウテルン」です!
このカイザーというのはドイツ語で「皇帝」と言う意味で「カイザース」で「皇帝の」と言う意味です。ラウテンとはライン川の(よく覚えていないので省略)で、ここの皇帝というのは先週やったフリードリッヒ一世のことですよ!(以下Kaiserslauternの歴史が十分くらい解説される)」

先生先週欠席したのでわかりません!

まぁ日本語って3・5・7音が発音しやすいともききますしね(ホントか)。
ところで先生、そんなキャラだったんですか。所詮史学科に関わる者はオタクですか。
真面目な先生なんでそんな話になるとは思わなかったわい。でもサッカーの話は3秒くらいで終わりました。見てないんだろうなぁ(偏見)(いや私も見なかったけど)。

……一年のときお世話になったドイツ語の先生も同じ話題だしてそーだ(発音に厳しかったし……^^;)。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2006-06-12 23:59 | 日々雑感