Top
ちと弱音。
2006年 04月 10日 |
ちょっと、心の隅で、「上」に行けたらいいなぁと思っておるのです。
公務員講座を、「お金がかかるから」と言って受けなかったのですが、心のどこかではそれによって「上」への道というのを意識したかったのかもしれません。

ただちょっと、最近、お金がないを連発されるようになりまして。
奨学金があるよ、というと、現在借りているものと合わせて一千万近くなるであろうと言う借金をお前に返せるのかと言うのです。
父は「行きたいなら、勉強したらいいさ」と言うのですけれども。

更年期のせいだとは、わかってはいるのですが、家事もせずにご~ろご~ろしている母が恨めしいですよ。
家事は、まあ寝てても誰かがやってくれますが(というか私ですが)、私の勉強や時間割の組み立ては私しかできないわけでして。

母の口癖は、「なんで手伝ってくれないの?」というものなのですが、手伝いをしても「下手」「雑」「私がやったほうが良かったわ!」しか言わないので手伝う気も失せたりするのです。それでもまぁ皿と洗い物は重なっていくので……。

全国のお母さん、お子さんにお手伝いさせたいなら「飴」の使い方が重要ですよ。
「鞭」ばっかりでは、子どもはいやになってしまいますよ。

時間割が、あまりにもやりたかった教科が取れないのとあわせて、ちとめげそう。
何が一番きついって、「金にならない学問は無駄」だと思っているあの態度だ。ごめんなさいね理系じゃなくて。
……めげている間にもやることはあるので、頑張りたい。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2006-04-10 01:11 | 日々雑感