Top
これがもしやも(以下略)
2006年 03月 12日 |
「なんだと、この浮気な、二枚舌の、縮れ毛の、発育不良の、ブリキ尻の偽善者め」
(中略)
「あたしがどうして別の筋肉《ブローン》のことを持ち出したりしたと思うの? ほかにどんな方法があって? あなたは飲んだくれの、めめしい、チビの、ごろつきよ! レイリーに捜査をやめさせ、あなたを自由にさせようとおもったのに、ほかになにができて?」
「自由? 誰が自由なんだ? ぼくが出ていったあとひとりになるやいなや、きみは自分自身を売ってまたもや奴隷の身になろうとしたじゃないか! まったくもって、無分別な、考えの足りない、近視眼的な、まぬけきわまる……」
「まぬけですって?」

(アン・マキャフリー『歌う船』)


ああもうこのWツンデレめ(*´∀`)(いやこの場合はツンツンでは…)
ナイアルとヘルヴァのやりとりはどれも好きなのですが、インパクトあるのといったらこれでしょう。罵りあいに見せかけた愛のささやきたち。(ほんとはもっと短く引用したかったけど無理だった^^;)
ナイアルは頑張れば甘い言葉をささやけるだろうにどうしてこうなる貴様(笑)。
ていうか口が悪い上にこのシーンのナイアルって作業着(つなぎ)なんですよね。
いや人の目を誤魔化すためなんでしょうが洒落者のイメージがあるので初めて読んだときはびっくりしたですよ。つなぎの騎士さまかいっ!て。

ここ最近沈みがちだったんですが、ヘルヴァとナイアルの罵りあい(愛のある)を読んだらとても元気になりました。ああマキャフリーの書く元気な人たちが好きだ(笑)
明日は人前でしゃべんなきゃならないしもうちょっとガンバロ。勉強しないとね。

(そういや完結編の『還る船』貸し出し中だ)
[PR]

by 7thdragon-sister | 2006-03-12 23:56 | 日々雑感