Top
「魔法使いと記憶のない騎士」 第二十七話UP
2005年 08月 12日 |
「魔法使いと記憶のない騎士」
第二十七話 「錬金術師再び―魔術師受難―」をUPしました。

魔術師だけでなく、記憶のない騎士の方も受難ですな、ある意味。
というか、哀れエンキというかんじか。いやこのあとさらに体力・気力さらに削られるんですが彼は(^^;)





もうちょっと水に濡れたエレオノーラを描写しようかと思ったんですが、自主規制(^^;)
いや大したことないんですけどね。
ちょっとタオルが短い設定だったんですよ。
つまり、太ももとか太腿とかフトモモとかの描写、ちょっと削りました。(全部ふともも…)
いや他のところももっと書き込みたかったですけどね自分の限界に挑戦って感じで(せんでいい)。
綺麗なお姉さんのつるりとした太ももって素敵ですえへ。(おまわりさーん!ここ!こっちー!)
男は手と腕です。女は足です。これは決して譲れません。
……まあこれも、腕も足も綺麗じゃない(=人前に出せない)という反動から来てるんでしょうがorz

それにしても、錬金術師は結局エレオノーラの裸を見たのか、という最大の謎が生まれましたな。
答えを知るのは本人のみです。
銀の仮面の目の穴は、ただ暗い闇を見せるだけ。

……錬金術師出てくると筆が進む、という謎も同時に生まれていたりしますが。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2005-08-12 22:40 | 更新+雑感