Top
『封神演義』完全版と『クイルズ』
2005年 07月 06日 |
友人に今月から刊行され始めた『『封神演義 完全版』(藤崎竜・集英社)を貸してもらう。

いやぁなつかしいっすねー。
中学の頃ですかな、連載されていたのは。
初期の絵、なんつーか慣れてない感じがいい(笑)。
終わりまで知ってるんですけど、やっぱ読んじゃう。そして友人曰く「終わりを知っていると初期の展開に違和感がある」たしかに。
最初勧善懲悪モノでしたがだんだん話が、デカクなったよーな。
つーか今見るとアチコチにパロっぽい絵が。マ●バオーとか、某格闘ゲームとか(笑)。
結局スープーって河馬?(違)

ついでにパソコンでDVDが見れるようになったので、普通のテレビでは(色々と)見にくい『クイルズ』を鑑賞。
しかししょっぱなからパソで生首(!)を見る勇気がないので、チャプター3から再生。
あーなんだろう、この気がヘンになりそうな音楽がとてもいい。落ち込んでるとき見るとハイになるね(※普通の人が見ると凹む映画です
そしてイヤフォンで聞くから効果音とか細かい音も良く聞こえる。
そして判明したこと。
劇中劇『恋の罪』の最後の場面でクルミエ神父、マドレーヌのコメカミにキスしてますね……。

いや神父さん、それはアカンだろ。つーかこの時点でアンタじつは「堕落寸前の美しい獲物」でしたか次のシーンで聖書投げるしなぁorz

いやでもホアキンがやった役の中では一番好きですよ、クルミエ神父(笑)。
[PR]