Top
被災地より。
2011年 04月 06日 |
たくさんのご支援、本当にありがとうございます。
管理人周辺の状況は回復してきております。

今回は管理人が賛同・あるいは共感したサイト等へのリンクをはらせていただきます。
支援金や署名を募っているサイトもありますので、「リンク先を読んで」ご賛同いただけた場合、ご協力をお願いいたします。

■動物関連
「Natural Dog Style」 http://www.n-d-s.tv/index.html
『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』 http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
環境省宛で目標は一万人。締切は4月30日。署名は郵送で当日消印有効で受付。
動物アレルギーもちの方、新生児などにも配慮された内容です。

■歴史関連
歴史資料ネットワーク http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~macchan/
および そのブログ
全国規模の団体です。
今回の災害における資料(史料)および遺跡、博物館・美術館・図書館などの状況がわかるリンク、写真や物の応急処置、復元方法をまとめたページへのリンクをまとめたポータルページが公開されています。こちらから
支援金募集についてはこちら

NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク http://www.miyagi-shiryounet.org/00/front.htm
こちらでも資料・写真の応急処置方法の紹介、レスキュー・カンパのお願いがされています。こちらから。

新潟歴史資料救済ネットワーク http://hysed.human.niigata-u.ac.jp/rescue/
上記サイトでも歴史資料保全のお願い、歴史資料救済活動支援募金のお願いがなされています。


一日一日、一時間一時間、復興や復旧が進んでいます。そのたびに必要とされる物・事が刻一刻と変わっていっています。沿岸部・内陸部・市街地・山間部でも状況が全く異なり、必要とされているものもまた異なります。
これからは一点集中でなく、分散した支援と活動が必要になってくる時期になると思います。
ボランティアに来ていただける方などは
「何日間」「どこで」「何をするのか」
を明確にしてから来ていただけると、とても助かります。
たとえば
「二週間」「沿岸部で」「住めるお家のお掃除の手伝い、がれきの撤去、家財・思い出の品の捜索をしたい」
「一週間」「避難所で」「マッサージ師なので避難者の方にマッサージをしたい」
などです。


皆さまの真心、本当に伝わってきております。
市街地は会社や商店などが営業を始めていますが、ガスが戻らず営業できないところもあります。
常連にさせていただいているベーグル屋さんのお姉さんが
「ガスがもどったらベーグルやりますから! あ、でも普通のランチもやってるので、来てください!」
と言っていました。ほっとしました。
どうぞ無事な方は、人生を大切になさってください。
お花見自粛、という動きもあるようですが、私は東北のお酒を飲んでいただけたら嬉しいと思っています。未成年の方は青森のリンゴジュースや福島の桃のジュースなどお勧めです。
「乾杯、なんてとても言えない」という方は、海の方向にどうぞ杯を掲げてあげてください。献杯、とは言いづらいとは思いますが、気持ちはきっと届きます。その気持ちを抱いてくださっているのであれば、不謹慎なんかでは絶対にありません。
祈りというのは、自己満足では決してありません。願いというのは力になります。
どうぞ、皆さまの気持ちと人生を大切になさってください。

東北は元気になります。
その時にはどうぞ、美味しいものを食べに来たり、史跡や名所などを見に来てください。
松島の瑞巌寺は無事です。青葉城址の政宗公の騎馬像も無事です。
サン・ファン・バウティスタ号は入江の見学施設は壊滅してしまいましたが、流されもせず大きな損傷もなく無事だそうです。
復興には時間がかかります。
いま、なにもできない、と悔しい思いをされている方、どうぞいつか東北に来てください。その時、自衛隊や各国の皆さんがお帰りになり、ボランティアの方々がいつもの生活に戻った時、あなたの笑顔が「被災地だった」場所には必要です。よろしくお願いいたします。


昴秀竜
[PR]

by 7thdragon-sister | 2011-04-06 16:02 | 日々雑感