Top
ポメたん
2010年 06月 01日 |
いつだか某氏に「ポメラ」の使用感を、というお話をいただいたような気がするのでそろそろレポート。(何か月前の話だよ!)

c0020526_12475023.jpg


あれからポメたんには上位機器の「ポメラDM20」とコンパクト版「ポメラDM5」が出ております。
使用しているのは一番最初に出た「ポメラDM10」の限定カラー「ターコイズブルー」です。

大きさ自体は文庫版くらい、重さも大したことありません。
移動は公式アクセサリーのソフトケースDMC2に入れております。色はおそろいのターコイズ。予備電池が3セット入ってUSBコード入れるところもあるので便利です。
ただ、ソフトケースに入れるとかなりかさばります。それても裸で持ち歩くよりは断然、ですが。
併せて電子辞書なんか持ち歩くと、もう鞄がいい感じに悲鳴を上げたりするかもしれません。
というかそこに「ほぼ日手帳」と「文庫本(ひどい時三冊)」を入れていたワタクシの鞄は悲鳴を上げておりました。
何この文庫本サイズ地獄、みたいな感じでした。(※ただでさえオトメの荷物は多いことをさらに考慮すると鞄の気持ちがわかるかもしれません)


さて。使ってみた感じは、というと
キータッチは軽くてサクサク。反応も速いです。いいこいいこ。
心配していたバックライトなしの液晶画面ですが、杞憂でした。この明るさならバックライト不要、というくらい見やすいです。正直、いくらコントラストいじっても見えにくい電子辞書の地位がさらに落ちるくらい見やすいです。
ただ全角英数と半角英数を分けて使っていたりする人はコマンドを記憶しないと面倒だし、特殊記号も辞書登録をしないかぎり「文字パレット」から出すことになるのでそこは面倒かな、と。
「―」(ダッシュ)と「-」(マイナス)の違いも分かりにくい……。
しかしそこはATOK慣れとかワープロ慣れしている人ならクリアできる問題かもしれませぬ。
基本的にワタクシ、修行不足のスキル不足なので。

あとは電池だなー20時間駆動と言われると結構ある感じですが、ザクザク打ってるときに消耗しました、と出るとちょっとがっかり。DM10は充電池が使えるか不安なので使っていません。他にコイン型の電池が必要になるので、コストパホーマンス的には「?」かも。
ただ、後から出たDM20、DM5はエネループ対応なので、機能等を見て検討するといいと思います。
(DM20は分厚くなったゴツい豪華版、DM5は女の子向けに小さくなったけど便利だよ!な感じがします)

文字分量的にはずいぶん入るし、起動もサクサクなので個人的には「相棒」と呼びたいくらい気にいってます。

こんな感じです。
[PR]

by 7thdragon-sister | 2010-06-01 01:25 | 日々雑感